2009/08/17

アイ・ラヴ・オガ


kanpuzan.jpg

天気が良かったので、ひさしぶりに男鹿へ。
寒風山からの眺めも良くて最高!
ハンググライダー人を発見したので、つい撮影。

ekinama.jpg

男鹿駅の時刻表の脇にいるなまはげ。
顔が男鹿市の市章なのがポイントか。
かわいくないけれど、つい笑ってしまった。

その後男鹿半島を一周して帰途に。
やっぱり海は開放的で気分爽快。

山に囲まれていると息が詰まるのは
ずっと海のある所に住んでいたからかなあ。
(8/11分振り返り日記)

8/14には「第7回男鹿日本海花火」を観に再び男鹿へ。
そして16日にまたまた男鹿を訪れることに・・・。
すっかり男鹿マニアだわ。


posted by g at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2009/02/24

冬の釜谷浜


windmill.jpg

冬の釜谷浜には、人ひとりいない。
この日も春のような穏やかな日だった。
真下から風車を見上げると、想像以上に大きい。
上空は風が強いようで、ヒュンヒュンと音を立てて回っている。

windmill2.jpg

向こうに寒風山が見える。
今年はほんとうに雪が少ないなあ。
posted by g at 20:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/10/14

八幡平


hachimantai1011.jpg

玉川との境界付近。
posted by g at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/10/13

地震の爪あとが


kurikoma1012.jpg

東成瀬村から国道342号を通って栗駒山荘に向かう途中の道路。
岩手・宮城内陸地震で被災した部分の修繕をしていました。

栗駒山に近づくにつれ、道路が波打つように歪んでいたり
路肩が崩落している部分がたくさんあって
改めて地震による被害の大きさを感じました。

あの地震から4ヶ月が経ち
だいぶ復旧しつつあるようですが
まだまだ大変なところがたくさんありそうです。

sukawako1012.jpg

須川湖キャンプ場付近からの景色。
頂上付近はすでに枯れかけています。
posted by g at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/10/06

五城目城


gojomejo0917.jpg

朝市やだまこ鍋などで有名な五城目町。
小高い山の上にひときわ目立つ建物が五城目城。
森林資料館ということで
林業についての展示や木工品などがありました。
町出身の画家「舘岡栗山展」も開催していました。

gojome0917.jpg

城から見る五城目町。
なかなか眺めが良かったです。
田んぼが黄金色。そろそろ稲刈りの時期です。

(9/17撮影)
posted by g at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/09/29

鎌沢の大仏


kamanosawa0917.jpg

北秋田市鎌沢、正法院にある木像の大仏。
(正式名称は「丈六延命地蔵菩薩像」)
今年の6月に大仏が修復されて戻ってきたらしい。
新しい大仏殿の中で光り輝いていました。

ここ数年、神社仏閣巡りが趣味になりつつあります。
posted by g at 22:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/09/19


sugi2.jpg sugi.jpg

日本一高い杉の木。
高過ぎて収まりきらないのが玉に瑕。

グリムスがまたまたしおれたので急遽。
放置癖を何とかしなくちゃ。
posted by g at 21:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/08/16

今年最後


ani1.jpg

今年はじめて阿仁の花火大会に行く。
規模は小さいけれど打ち上げる場所が近いし
花火の音が山に反響して気持ちがいい。

何より会場が混雑していないので
ゆったりのんびり見られるのが最高。

阿仁にいると、時間がゆっくり流れている感じがする。
posted by g at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/08/14

男鹿の夏


oga_hanabi.jpg

といえば男鹿日本海花火。
今年で6回目を迎えたまだ新しい花火大会だが
年々来場者が増えつつあるようだ。

のんびり観られた頃が懐かしいなあ。

花火の打ち上げが豪快なこともあり
男鹿花火は私のお盆の恒例行事となっている。

会場から少し離れた高台から、海を眺めて観る花火は最高。

午前中は大荒れだったので、どうなることやらと思ったものの
午後からは雨も上がり、開催中も天気が良くて何より。
暑くもなく寒くもなく快適だった。

個人的にメッセージ花火は微妙だったけれど(汗)
毎年のことながら構成や打ち上げ方が豪快で
終わった後の爽快感はさすがだなあと。
posted by g at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景

2008/05/20

桃源郷


(4/29の振り返り日記)

tehaizaka0429.jpg

秋田県八峰町の手這坂。

かつて紀行家である菅江真澄が
手で這うような坂を下ると
突然桃の花が咲き誇る村が現れ
その村の美しさに感動し「桃源郷」と称えた、
と言われる小さな集落である。
(現在は無人の集落で、復興に向けて活動しているらしい)

桃の花が咲き乱れる、とても美しいところだった。
ずっと残していきたい日本の原風景。
posted by g at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・風景
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。