2009/08/17

海の幸満載万歳


kaisenya1.jpg kaisenya2.jpg

男鹿市船川、男鹿海鮮市場の2階にある食事処海鮮屋。
男鹿に行くときはたいていここで食べます。

平日なのに店内は結構混んでいました。
1日10食限定の海鮮定食を注文。
すぐ売り切れるので、間に合って良かった。

平目の姿造り+海老などの刺身盛り合わせ(写真左)
ひとりで食べるには結構量が多め。
白身魚命の私には嬉しい限り!

定食にはザッパ汁(写真右)がついてきます。
この日は海老・鯛・鰤などのあら汁でした。
(アラというより、切り身レベルで入っています)
季節や日によって魚の種類は変わるようですが
いつも2〜3種類入っているようです。
これだけでも食べる価値ありかと。

その他にとろとろわかめの酢の物や小鉢がついてきました。
これで1300円。魚好きにはたまらない一品!

(8/11振り返り日記)


posted by g at 23:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・食

2009/06/14

かえで庵の


soba0320.jpg

湯沢市皆瀬にある「かえで庵」の寒晒しそば。
2年前に食べた時の甘さが忘れられずに再度来店。
やっぱり感動的にうまいっす!

わざわざ食べに行く価値はありますわ(でも遠過ぎるなあ・・・)

sobagaki.jpg

追加で蕎麦がきも注文しまして。
(恥ずかしながら、人生初(汗))
蕎麦つゆと胡麻だれの2種類で、飽きずに食べられました。
もちもち&ねっとり感がクセになりそう。

ちなみに蕎麦を食べに行ったのが3/20なので
おそらくもう寒晒し蕎麦はないと思われます。
来年の春先にまた行きたいものです。
posted by g at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2009/01/15

醤油マカロン


shoyu.jpg

仙北市角館にある安藤醸造元。

店内の菓子屋で売っていた「醤油マカロン」
食べると口の中であっという間に溶けてしまう。
ほんのり(いや、結構だな)感じる醤油味。
甘さと醤油の香りがベストマッチ。
最後のアーモンドがいい感じ。

とはいえ、いちばん人気なのは「醤油ソフト」だろうなあ。
一度食べたら病みつきになること間違いなし。

安藤醸造元
posted by g at 22:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・食

2008/09/11

横手焼きそば


yokote0105.jpg

「元祖神谷焼きそば店」の横手焼きそば
(目玉焼きなしバージョン)

写真の日付を見ると1/5。
もうほとんど忘れかけているなあ。

ストレートゆでめん。
酸味の少ない甘めソース。
具はキャベツとひき肉。
そして福神漬け。
目玉焼きなしだと味は濃い目。

以前別の店(店名思い出し次第掲載予定)で
ホルモン焼きそばを食べたのだが
そちらの方がうまかった気がする。

何度食べても、福神漬けには違和感。
(単に福神漬けが好きじゃないからかも)
posted by g at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2008/06/18

あらら&じゅんさい


junsai08.jpg

あ、グリムスがしおれている!
しばらく更新していなかったからか。
そろそろ水をあげなければ、と思って更新。

秋田は明日から数日雨の予報。
そろそろ梅雨入りかもなあ。

秋田の初夏の味覚といえばじゅんさい。
生のものはこの季節しか食べられないので貴重。
もっと安売りしてくれたら、山ほど食べられるのになあ。
posted by g at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2008/03/16

プリン2種類


pudding.jpg

秋田朝日放送のローカル番組「サタナビっ!」で紹介されていた
男鹿市・ゴンタローのプリン2種類。

左:なまはげくんのおやつプリン
  クリームチーズのこくがある、なめらかプリン
右:こだわりぷりん
  生クリームの風味が豊かな、とろとろプリン

ひさびさに食べるとおいしいなあ。
posted by g at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2007/11/03

稲庭吉左ェ門の饂飩


inaniwa_udon.jpg

幻のうどんといわれる
稲庭吉左ェ門の稲庭饂飩が食べられる店、
湯沢市皆瀬ダムのそばの「ダムの茶屋」に行く。

稲庭吉左ェ門、稲庭うどんについてはこんな感じ。

稲庭干饂飩の宗家・稲庭(佐藤)吉左ェ門が寛文五年(1655)に創業。
一子相伝、門外不出のその技を二代目佐藤養助が受け継ぎ(正統の系譜)
以降歴代の養助に受け継がれ、七代佐藤養助に至る。
明治の半ばに入るまでは宮内省以外にはあまり一般に食されることがなかった幻のうどんだった。
佐藤養助商店サイトから引用


東北には珍しい、関西風のだしのきいたつゆが印象的。
あっさりした味のつゆとうどんに山菜の風味がよく合う。

この季節には、ほっとするやさしい味が嬉しい。

--------------------

しばらく佐藤養助本店に食べに行っていない。
行楽シーズンと連休は、行列が出来ていて食べられないのだ。

ああ、二味せいろが食べたいなあ。

佐藤養助本店
posted by g at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2007/09/15

バラモリ


babaherabara.jpg

今シーズン最後のババヘラアイス。
"薔薇盛り"はいつみても芸術的。

ここのものはレモンとイチゴの味がはっきりする。
(個人的にはあっさり味の方が好み)
posted by g at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2007/05/25

山菜パン


P1080139.JPG

先日新聞で「山菜パン新発売」の記事を読んで
どうしても食べてみたくなったので
五城目町の朝市通りにあるパン屋「あったか小町」に行った。

ワラビなどをマヨネーズで和えたものをのせて焼いたパン。
想像以上に違和感なし。むしろおいしい。
私は山菜好きなので抵抗なく食べられた。

きっと期間限定なのだろう。
機会があったらまた食べたいなあ。
posted by g at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | あきた・食

2007/05/11

いぶりがっこパスタ


pasta.jpg

大館市にあるパスタとカレーのお店で見つけた
「いぶりがっこのクリームパスタ」

ネタ的に面白いからいいか、なんて軽い気持ちで注文。

秋田名物のひとつ、いぶりがっこ
どう考えてもパスタと結び付かない食材なのに
食べてみたら想像以上においしかった。

いぶりがっこの塩気と燻製風味が
クリームによってまろやかになり
何ともいえない絶妙な味。

いぶりがっこ好きな方にはおすすめ。

見た目や先入観に囚われてはいけない、と改めて思った。
posted by g at 12:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | あきた・食
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。